【Google Analytics(ユニバーサルアナリティクスver.)】ダウンロード数を測定する方法

Google Analytics
ユシナ
ユシナ

仕事で「サイト上に置いてあるPDFファイルのダウンロード数を調べられるようにしといて」と指示されました。

四苦八苦しながらなんとか設定できたので、今回はその防備録です。

!注意!
今回は会社のサイトの都合上、
「Google Analytics」の中の「ユニバーサルアナリティクス」バージョン
で解説しております。
他バージョンを使用の場合は設定が異なるかもしれませんので、ご了承ください。

▼リンクにタグをを挿入する。

単刀直入に書くと、
HTMLに記されているPDFダウンロード用のURLに
「onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘ファイル名’, ‘download’);”」
というタグと追加します。

全部書くとこんな感じ↓

<a href="https://www.~/aaa.pdf" onclick="ga('send', 'event', 'aaa.pdf', 'download');">ダウンロードはこちら</a>

onclick=”ga(‘send’, ‘event’, 」は必須項目。
onclick…クリックされたときに
ga…Google Analyticsに
send,event…イベントを送る。
といった内容。
この部分は変えないように気をつけてください。

あとの「ファイル名」「download」の部分は、Google Analyticsで確認したときの識別名みたいなものなので、自分や他のスタッフにとってわかりやすい単語でOKです。

▼リアルタイムで確認する。

onclickタグを追加したら、Google Analyticsでちゃんと認識されているか確認しましょう。

確認場所は、
アナリティクス>リアルタイム>イベント
の部分。

リアルタイムでの反応が表示されます。

テストでファイルをダウンロードしてみると、右側の動くグラフがぴょこんと飛び跳ね、
下記の表にダウンロードされたファイル名などが表示されます。
これが動けばOK。

普段は、
アナリティクス>行動>イベント
から。
ここでは全体のPV数などど同じようにレポートを確認できます。


以上がGoogle Analytics「ユニバーサルアナリティクス」バージョンでの、ダウンロード数計測方法になります。

この機能(「イベントトラッキング」というらしい)を使うと、別サイトへ飛んだユーザーの数や、スマホ版サイトだと電話番号を押された数なども測定できます。
目標の設定もできるとのことなので、より戦略的な使い方もできますね。

ユシナ
ユシナ

ユシナの会社は多分そこまで考えてないので、計測するだけです。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました